スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    杉原さんってこんな人

    昨日無事にボートショウが終了した。最終日にもたくさんの人がKRS-001Xを見に来てくれた。他では見られない独特のスタイルが評判よく、また一般的にはこの突拍子もない(ように聞こえる)360km/hへの挑戦に「ぜひがんばってください!」と何度も繰り返し励ましてくれる人が多かった。

    スポンサーデカール1

    スポンサーデカール2

    スポンサーデカール3

    スポンサーデカール4

    スポンサーデカール5

    そして、ここに掲載したように、色々な企業さんがボートショウ期間中に駆けつけてステッカーを貼って行ってくれた。すでにご協力を頂いている企業さんや、今後のご協力を約束してくれた企業さんまでさまざまで、杉原さんも多いに、更なる力が湧いてきたことと思う。

    また、ボートショウ期間中、杉原さんは、できるだけ多くの人と話したかったようだけれど、なかなかそうもいかず、どんな人なんですかと聞かれることが多かった。ここにあらためて、プロフィールを紹介しておこうと思う。

    1949年、千葉県生まれの杉原 豊さんは、1977年に、O350クラスでワールドチャンピオンになり、以降、国内では、クラスを問わず、また海外では特にインショア(内水面)トップカテゴリーであるU.I.M.F1ワールドチャンピオンシップに、パーマネントドライバーとして参戦し、入賞をくりかえしている、日本が誇るパワーボートドライバー/エンジニア/ビルダーです。

    1990年に、ドライバーとして、F1クラスに単身乗り込み、1994年に、ワールドチャンピオンチーム(イタリア/DACレーシング)に移籍。世界の強豪ひしめく中で、1997年には、年間総合5位を獲得するなど、その名前は広く知れ渡っています。

    エンジニア/ビルダーとしては、国内・海外でオフショア(外洋)レースボートの開発をはじめ、F1ワールドチャンピオンチームであるイタリア「DAC RACING」での艇体開発から、自動車パーツメーカー、カヤバとのコラボレーションによる、F1ボート用電動パワーステアリングの開発など、その経験を存分に発揮しています。

    主な経歴・戦歴(国内)
    1969年:パワーボートレースデビュー
    1976年:O 350クラス全日本チャンピオン
    1980年代には、F3000、オフショアなど複数クラスに参戦。優勝、入賞多数
    1991年:オフショア瀬戸内ローズカップレース:クラス1優勝/総合優勝
    1991年/1992年:国内/オフショア熱海オーシャンカップレース:クラス1優勝/総合優勝
    1993年:ヤンマーディーゼル創立80周年記念プロジェクトをプロデュース:オフショア熱海オーシャンカップレース出場
    1999年:F1クラス(V6/2,5リッター)で208,27km/hの速度記録(公式記録)

    主な経歴・戦歴(海外)
    1977年:O 350クラスワールドチャンピオン(1965年から2010年現在までこのクラスで唯一の日本人ワールドチャンピオン)
    1978年から1981年までO 350クラス及びO 500クラス全米選手権シリーズに参戦
    1982年から1986年までO 350クラス全米選手権参戦
    1990年:F1ワールドチャンピオンシップ参戦開始。世界を転戦
    1992年:フロリダキーウェストワールドチャンピオンシップレース:3位入賞
    1994年:F1ワールドチャンピオンチーム、イタリア「DAC RACING」に加入。<ヨーロッパGP3位
    1995年:F1ワールド総合9位及びアジアパシフィックチャンピオン獲得。<チャイナGP3位
    1996年:F1ワールド総合9位。<イタリアGP3位、UAEGP5位入賞>
    1997年:F1ワールド総合5位及びアジアパシフィックチャンピオン獲得。<ギリシャGP3位、イタリアGP5位入賞>
    2001年:F1ワールド総合11位。<ラトビアGP4位、イタリアGP4位、ハンガリーGP6位入賞>

    ・・・と華々しい活躍をしてきています。
    特にDAC時代には、DACが最先端のレーシングボートビルダーでもあったため、そのノウハウを十分に吸収することができ、今回のKRS-001Xの製作にもそれが十二分に生きているようです。

    次回以降は、製作過程のハナシや世界記録の現状などに触れていきたいと思います。
    スポンサーサイト

    テーマ : 今日のブログ
    ジャンル : ブログ

    プロフィール

    ◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara

    Author:◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara
    Welcome to Haru's blog on the Sugihara's World Speed Record Challenge 2010.

    水上の世界最高速を目指すKRS-001X/Team Sugihara(杉原 豊)を牛原陽彦がリポートするOVER360kphブログへようこそ。ハイドロプレーン、プロペラ駆動、レシプロエンジンで360km/h超えを目指します。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。