スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    シェイクダウン開始!

    isishakedown1
    外観はボートショウに出品していたのとまったく同じ状態。シェイクダウンの始まりだ。(撮影:石井栄一)

    ボートショウ終了後から、4月半ばの試走を目指していた杉原さんは、手を休めずに着々と準備を続けていた。プロペラシャフトの精度を見直したり、ハイオク燃料で走れるようにブロワー付きのキースエーカーにエンジンをいったん載せ替えたり、船検取得の準備をしたりと大忙し。ひとくちにシェイクダウンといっても、やることは多方面にわたってあるけれど、杉原さん場合、というかKRS-001Xの場合は、エンジン、ドライブ類のメカニカルな部分と言うよりも、まったくゼロの状態から作り上げた船体(hull)のテストといえるだろう。つまり、メカニカルな部分は、はっきりと答えが出る部分だが、ハルに関しては、一筋縄ではいかないことは、杉原さんも当初から覚悟の上だった。

    通常、皆さんがボートというと思い浮かべるのは、もっともコンベンショナルなV字型の船底形状のものだろう。Vハルといわれて、これは、もう答えが出ている世界と言っても良い。ある一定の公式のもとそこそこの性能が出せるものなのだ。

    Vハル
    ボートの代表的な船底形状が、このVハルだ。大きなマリーナに行ってたくさんのボートを見ても、99%以上がこのVハルだ。

    カタマラン2

    カタマラン1
    カタマラン(双胴艇)と呼ばれるタイプ。通称トンネルボート。二つに分かれたハルの真ん中、つまりトンネル形状の部分にエアが入り、ボートを浮かせて走る。写真はF1インショアのレース中のもので、トンネルの中心、奥に見えるのは、ドライブ部分、ギアケースとプロペラ。下の写真では、右側のハルがほとんど水に触れていないのがわかる。

    杉原さんのKRS-001Xの場合、仕組みとしては、F1ボートに近い。カタマランが2つに分かれた船体をそれぞれ接水させつつ、浮き上がりながら走るからだ。Vハルで最高速にチャレンジしないのは、簡単に言ってしまえば、水から離れることができないからだとも言える。しかし、カタマランともっとも異なるのは、カタマランが左右にハルを持つのに対して、KRS-001Xは、前後左右に4つのスポンソン(浮力部分)を持つことだ。4ポイントで接水している点が大きく異なるのだ。

    で、シェイクダウンのハナシに戻ると、エンジンやドライブ類よりも、まずは、ハル形状をテストしていく。静止状態から加速し、プレーニング、そしてどんどん速度を上げて行くという言葉で表すと、ごく当たり前のこの経過が、ボートの場合は多くの意味を持つ。最高速を出すためには、なるべく「水から離れる」必要がある。しかし、静止状態では、十分な浮力で浮かなければならないし、途中を抜きにして、いきなり300kphからはじめることもできない。この完全に対極にある状態を、(当たり前だけど)ひとつのハルでやるわけだから、言い方を変えると、加速していく中で、それぞれの速度で必要だった性能が、その次の段階では、必要でなくなるばかりでなく、邪魔にすらなってしまうこともありえると言うことだ。常に4つのタイヤが接地しているクルマと大きく異なるのが、このあたりだろう。クルマのタイヤの接地の仕方は、速度によって刻々と変わっているのだろうけれど、4つのタイヤが地面に接していることが基本だ。ダウンフォースを得て、タイヤを地面に押し付けておくのはこのためだ。

    風洞実験では、確かに、最高速の際の空力バランスはお墨付きを得た。しかし、最高速に行くまでの間にあるそれぞれの速度域をきちんと走って、最高速に持っていけるようにしなくてはならないところが、大変なのだ。

    まったくゼロから作り上げた4ポイントのハルが、走り始めてどういう顔を見せるか、それが、まずは試走の最初の関門となる。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara

    Author:◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara
    Welcome to Haru's blog on the Sugihara's World Speed Record Challenge 2010.

    水上の世界最高速を目指すKRS-001X/Team Sugihara(杉原 豊)を牛原陽彦がリポートするOVER360kphブログへようこそ。ハイドロプレーン、プロペラ駆動、レシプロエンジンで360km/h超えを目指します。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。