スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    製作過程の一部を公開!

    杉原さんは、千葉・市川のMGマリーンさんのご協力のもと、KRS-001Xを水面に降ろし、テストランを行っている。その場にたまたま居合わせた人、対岸にいて走りを見た人など、最近ではずいぶん「走り」を目撃したことのある人が増えているよう。

    多くの人から聞かれるのは、誰が作ったんですか?・・・という質問で、それにはモチロン、製作者はドライバーでもある杉原さんですよと答えているが、やはり作る人と乗る人は別と考える人が多いようだ。確かに、カーレーシングの世界では分業化は進んでいるが、ことボートに関しては、作る分野においても、乗る分野においても、ヨーロッパやアメリカのように、豊富に人材があるわけではない。それぞれの分野で突出した経験を持つのが、杉原さん自身であるがゆえ、どちらの分野もまず本人がやるということだと思う。

    杉原さんのドライバーとしてのキャリアは(詳しくはプロフィールを)オフショア、インショアのどちらもあり、ボートビルド、エンジン製作の経験も同様。さらにはF-1ワールドチャンピオンチームであるイタリアDACにおいて、徹底的に品質管理をされたファクトリーでのコンポジット材を用いたレースボートビルドや、緻密なエンジン製作経験が、このKRS-001SXの製作には大きな影響を及ぼしていると思われる。


    テストランがスタートして早3ヶ月。現段階は、乗って、チューニングし、確認し、さらに煮詰めていくという作業の果てしない繰り返しの段階で、全てのデータが杉原さん自身に集まり、サポートしてくれるスタッフの手を借りながら一段一段ステップを登っていているという状況。波一つ一つの受け方、エンジン回転とプレーニングの状況、ハル各部の接水状況など、メーター類だけでは確認できない「体感」が必要な部分からさまざまな情報を得、これらを通してシビアに各部調整、またはハルのモディファイなどを行うかどうかを決めている段階だ。

    一週間後(7/17)には、イベント(江戸川・水フェスタ in いちかわ)に出展され、3月のボートショウに続いておおくの人の目に触れることになると思うが、イベントを見に行く人も、またこれまで当ブログを読んでいてくれている人も、以下のような製作過程の写真を見ると、その見方も少し変わってくるかもしれない。

    骨組み1
    何枚も重ねられたバルクヘッド周りに幅1cm程度の細長い板を貼り付け曲面を生み出しているのがわかる(撮影:杉原さん)
    骨組み3骨組み2
    後部も同様に1cm単位で「面」が作られていく。気の遠くなるような作業の末に「入れ物」の原型はできるが、コクピット、エンジンルーム、プロペラシ
    ャフトの通路など、くりぬいておかなければならない場所も多数。ケブラーを使った補強などはまだまだ先・・・という状況の時の写真だ。

    TEST RUN


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara

    Author:◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara
    Welcome to Haru's blog on the Sugihara's World Speed Record Challenge 2010.

    水上の世界最高速を目指すKRS-001X/Team Sugihara(杉原 豊)を牛原陽彦がリポートするOVER360kphブログへようこそ。ハイドロプレーン、プロペラ駆動、レシプロエンジンで360km/h超えを目指します。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。