スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    あまりにも長い間・・・

    あまりにも長い間ブログの更新をお休みしてしまいました。
    楽しみに待っていてくださった皆さん、ごめんなさい。

    前回は1月(!)のテストで新しいシャフトのテストを・・・と書いたところだったが、そこでストップさせてしまった。
    もちろん1月のテストは行われている。
    まずは更新復帰第一段は、相当古い話になってしまうが、その結果のご報告から。

    テスト当日は、真冬でありながらも陽ざしに暖かさがある日だった。
    テストはおなじみ江戸川。

    2度続けて駆動系(プロペラシャフト)にトラブル発生という結果に見舞われていたため、精度を高めたシャフトの製作を行い、さらに3分割式ではあるものの、センターシャフトを支えるベアリングのサポートを追加、また、エンジン側及びスターンドライブ側、つまり両端の接続を、これまでのスプライン式からリジッド式に、という変更を加えて、テストにのぞんだ。
    スプライン式を捨てた理由は、アソビが起きそれが原因と考えられるトラブルがこれまでに起きているからだ。考えられる限りのネガをつぶしておくのが必要なことだが、しかし、これが正解かどうかはテストをしなければわからない。

    また、駆動系以外の大きな変更点として、排気管を短縮した。エンジンフードからテールエンドを出すことにしたのだ。見た目がさらにワイルドになり、実質的には、排気抵抗減少というメリットを狙った。
    さらに、前回のテストがほとんど走れなかったため、厚みを増したフロントスポンソンの”デキ”をみるのも今回のテストの重要項目の一つだった。

    短縮された排気管

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara

    Author:◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara
    Welcome to Haru's blog on the Sugihara's World Speed Record Challenge 2010.

    水上の世界最高速を目指すKRS-001X/Team Sugihara(杉原 豊)を牛原陽彦がリポートするOVER360kphブログへようこそ。ハイドロプレーン、プロペラ駆動、レシプロエンジンで360km/h超えを目指します。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。