スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    マニアック!

    日本では到底ありえない!というお店を発見した。これは、英国ならではかもしれない。
    どんなお店かというと・・・それは「World Speed Record Models」の専門店。つまり、速度記録を出したクルマとボートのスケールモデル屋さん・・・ホント? 本当です。英国NORWICHといえばLOTUS CARSのお膝元だけれど、ここにあるTOUCHWOOD MODELSというショップがそれで、1986年創業。当初はジャガーXK120やMGのペダルカー(足で漕ぐやつ)を作っていたということだけど、オーナーであるDelfさん(おそらくご夫妻)は、どうしても昔から興味のあったRecord Breakingのクルマとボート(!)の模型をオリジナルでやりたいと・・・。
    そして1995年についに・・・手始めが1/12のSir Malcolm CampbellのBluebird K4、そして、その後続々とブルーバードK3やK7などラインナップを拡充して、世界中から注文がある・・・!というから凄い。

    ちなみにブルーバードといえば、あの“Speed Kings”として語られる親子の父、Sir Malcolm Campbellさんが最初に建造したボート。キャンベルさん親子は、結局このブルーバードシリーズで、11回の水上の世界記録と、さらにクルマでは主にボンネビルやデイトナにおいて10回の世界記録をたたき出した英雄(詳しくはまた後日)。で、その子息、ドナルド・キャンベルさんのフィギュアまでもがここTOUCHWOOD MODELSのラインナップにあるのだから、これまた凄い!

    また、先日も少し触れたGar Woodさんの「Miss America X」の1/43スケールなどは、4基のパッカード(12気筒)が2基それぞれシャフトでつながっているところやスーパーチャージャーが搭載されているあたりまで詳細に再現されていて、非常に緻密で、おそらく世界的にも珍しい模型なんだろうと思う。ずっと興味があったというだけのことはあって、スペックにも非常に詳しく、キャプションを読んでいるだけで、そのボートのことに詳しくなれる。

    なるほど、世の中には、色々な人がいるなあ・・・というよりも、モーターリングというかモータースポーツへの興味というのが、何か特別なものじゃなくて、特にボートやヨットっていうと、ここ日本では「金持ちの道楽」的な目で見られることが多いけど、なんか、とても確立していてうらやましいなあ・・・と。机の上にこんな模型がひとつでも置いてあったら、ちょっと楽しい雰囲気だなあ・・・と感じた次第であります!

    このお店、行ってみたい!って思いませんか?(激しく!同意してくれる人は、ぜひ拍手をClick!)
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara

    Author:◆牛原 陽彦◆ Haru Ushihara
    Welcome to Haru's blog on the Sugihara's World Speed Record Challenge 2010.

    水上の世界最高速を目指すKRS-001X/Team Sugihara(杉原 豊)を牛原陽彦がリポートするOVER360kphブログへようこそ。ハイドロプレーン、プロペラ駆動、レシプロエンジンで360km/h超えを目指します。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。